荒野行動 ドン勝!! スマホゲーム実況動画!!

ドン勝してみた動画です。
荒野行動というFPSゲームを実況してみました。
最後まで勝ち残ることを『ドン勝!』というらしいです。

でも本当は・・・

宣伝動画でした!!

チケット購入URL
https://popcorn.theater/events/712

Facebookページ
https://www.facebook.com/events/154481461883035/

いまや世界を代表するアニメーション作家 ドン・ハーツフェルト!!
『明日の世界』ドン・ハーツフェルト作品集を上映いたします!

チケット 1500 
(ネットのみの販売 チケットはリンクより購入できます)
https://popcorn.theater/events/712

アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート
サンダンス映画祭 審査員大賞受賞 

【日時】 2018年3月31日(土)

当日スケジュール

14:00 OPEN
14:30 上映開始(80分)
16:00 上映後 休憩をはさんで感想など座談会を行います
16:30 CLOSE 予定

あらすじ

『きっと全て大丈夫』(2012年、62分、※長編特別編集版、デジタルリマスター):どこにでもいる中年のビルの日常が、ふとした瞬間から少しずつ歪んでいく。彼を蝕む病魔は、ビルに対し、彼の人生、家族との関係、未来の姿について考えさせる。

本作はハーツフェルトが2006年より発表した短編三部作

『きっと全て大丈夫』(2006年、17分)

『あなたは私の誇り』(2008年、22分)

『なんて素敵な日』(2012年、23分)を一本の長編として再編集しなおしたもの
このバージョンは、Time Out New Yorkの「史上最高のアニメーション」第16位にランクインするなど、アニメーション史に残る作品として、世界中にハーツフェルトの名前を轟かせることとなった。

『明日の世界』(2015年、17分):少女エミリーはある日遠い未来からの交信を受ける。同じくエミリーと名乗るその女性は、彼女のクローンなのだという。未来のエミリーは、少女エミリーを、彼女の暮らす未来の世界へと連れていく。そこで待ち受けていたのは、「死」が消えて、永遠に生きることを余儀なくされた人々の、ボンヤリとして切ない人生の物語だった。

アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート、サンダンス映画祭短編部門審査員大賞(自身二度目の受賞、同映画祭で二度審査員大賞を受賞したのはハーツフェルトが初)、アヌシー国際アニメーション映画祭審査員特別賞&観客賞ほか、41の賞を受賞。

コメント

タイトルとURLをコピーしました